衣類のしみ抜きさくら会ホームページをご覧いただきありがとうございます。

本日の事例投稿は埼玉・小川町のラブリーチェーン讃岐が担当致します。

さて、本日のシミは白いキャップのつばに付いた黄ばみ。

キャップが汗を吸い込んだのをそのままにしておくと、こんなふうに黄ばんだり、黒系のものだと脱色してしまったりします。

漂白処理で目立たないレベルにすることができました。

黄ばみは、付いた汚れを放置して酸化し安定した物質に変化してしまった状態です。こうなると洗うだけでの除去は難しいので、しまう前に洗う習慣をつけましょう。

シミでお困りの際は衣類のしみ抜きさくら会加盟店までご相談ください。

この記事を書いた人

讃岐 賢一
讃岐 賢一
ラブリーチェーンは、武蔵野の小京都・埼玉県小川町に本社工場を持つクリーニング専門店です。県内の川越比企地域・北部地域・秩父地域にチェーン展開しております。
確かなシミ抜きの技術と豊富な加工メニューでお客様のご要望にお応えいたします。
◯この事例の職人のお店はこちら
◯この事例の問合せ電話はこちら

The following two tabs change content below.
ラブリーチェーンは、武蔵野の小京都・埼玉県小川町に本社工場を持つクリーニング専門店です。県内の川越比企地域・北部地域・秩父地域にチェーン展開しております。 確かなシミ抜きの技術と豊富な加工メニューでお客様のご要望にお応えいたします。 ◯この事例の職人のお店はこちら ◯この事例の問合せ電話はこちら

最新記事 by 讃岐 賢一 (全て見る)