本日の担当は、群馬県太田市 クリーニングの太田ドライ 西川です。

今回は、ズボンにうっかり漂白剤が付いてしまって色落ち(脱色)してしまったので直してほしい、というご依頼です。

  

おそらくお風呂や台所用の漂白剤、いわゆる塩素系漂白剤だと思われます。
気をつけていてもいつの間にか付いてしまって、あちゃ〜(泣)ってこと・・・ありますよね。

塩素系漂白剤で脱色してしまった場合、通常では色が乗らなく(染まらなく)なってしまいますが、色修正技術によって、着用上問題ない程度までには直すこともできます。

今回のご依頼のケースも・・・

だいぶ目立たなくすることができました。(*≧∀≦)

漂白剤での脱色でお困りの際は、あきらめずに当店、または「衣類のしみ抜き さくら会」の各店に一度ご相談ください。

*生地の色や状態、修正範囲によっては修正できない場合があります。

この記事を書いた人

西川 浩次郎
西川 浩次郎
お客様の「また着たい」「きれいにしたい」を叶えるために、日々精進しています。
1965年創業。群馬県太田市、大泉町、埼玉県熊谷市で直営6店舗で営業中。
京技術修染会認定修復師が在籍しておりますので、食べこぼしのシミ・汚れから変色・脱色の修正まで、衣類のトラブルでお困りの際はお気軽にお問い合わせください。
またキズ穴・虫穴やファスナーのトラブルなど衣類の修理も行なっております。
◯この事例の職人のお店はこちら
◯この事例の問合せ電話はこちら

The following two tabs change content below.
西川 浩次郎
お客様の「また着たい」「きれいにしたい」を叶えるために、日々精進しています。 1965年創業。群馬県太田市、大泉町、埼玉県熊谷市で直営6店舗で営業中。 京技術修染会認定修復師が在籍しておりますので、食べこぼしのシミ・汚れから変色・脱色の修正まで、衣類のトラブルでお困りの際はお気軽にお問い合わせください。 またキズ穴・虫穴やファスナーのトラブルなど衣類の修理も行なっております。 ◯この事例の職人のお店はこちら ◯この事例の問合せ電話はこちら