本日の事例紹介 担当は 群馬県太田市 クリーニングの太田ドライ 西川です。

台所での漂白剤、お風呂、トイレなどの洗剤、カビ落としなどに使われているのが塩素系の漂白剤。

これが衣類についてしまうと・・・

このようにズバッと色が抜けてしまいます。

脱色修正のご依頼ですが、塩素系漂白剤で脱色した場合は通常と少し違って、生地表面が変化して染料が乗らなくなってしまうんです。
ですのでちょっと特殊な方法で修正を行います。

今回のご依頼はスカートでしたが、ほとんど目立たなくすることができました。

生地の種類や脱色の状態、大きさなどによって修正が難しい場合もあります。
また、修正できたとしても若干跡が残ったり、色合いや風合いが違ったりする場合もありますので、塩素系漂白剤での脱色の場合はその点をご了承いただいてからの作業となります。

でも、お困りの際はあきらめずに当店、またはさくら会の各店にご相談、お問い合わせください。

 

 

この記事を書いた人

西川 浩次郎
西川 浩次郎
お客様の「また着たい」「きれいにしたい」を叶えるために、日々精進しています。
1965年創業。群馬県太田市、大泉町、埼玉県熊谷市で直営6店舗で営業中。
京技術修染会認定修復師が在籍しておりますので、食べこぼしのシミ・汚れから変色・脱色の修正まで、衣類のトラブルでお困りの際はお気軽にお問い合わせください。
またキズ穴・虫穴やファスナーのトラブルなど衣類の修理も行なっております。
◯この事例の職人のお店はこちら
◯この事例の問合せ電話はこちら

The following two tabs change content below.
西川 浩次郎
お客様の「また着たい」「きれいにしたい」を叶えるために、日々精進しています。 1965年創業。群馬県太田市、大泉町、埼玉県熊谷市で直営6店舗で営業中。 京技術修染会認定修復師が在籍しておりますので、食べこぼしのシミ・汚れから変色・脱色の修正まで、衣類のトラブルでお困りの際はお気軽にお問い合わせください。 またキズ穴・虫穴やファスナーのトラブルなど衣類の修理も行なっております。 ◯この事例の職人のお店はこちら ◯この事例の問合せ電話はこちら