本日の担当は、群馬県太田市 クリーニング 太田ドライ 西川です。

今回は、ジャケットの袖口に塩素系漂白剤が付いて脱色してしまったので直りますか?
というご依頼です。

塩素系漂白剤で脱色してしまっている場合は、生地が変化し染料が入らなくなっているため、
完全には直らないケースもあるのですが、
今回はお客様のご了承を得た上で目立たなくなる程度の修正ということで承りました。

Before

After

写真では少し白っぽく見えますが、実際は着られる程度には目立たなく修復できました。

このようなケースでお困りの際は当店または衣類のしみ抜き さくら会の各店までご相談ください。

この記事を書いた人

西川 浩次郎
西川 浩次郎
お客様の「また着たい」「きれいにしたい」を叶えるために、日々精進しています。
1965年創業。群馬県太田市、大泉町、埼玉県熊谷市で直営6店舗で営業中。
京技術修染会認定修復師が在籍しておりますので、食べこぼしのシミ・汚れから変色・脱色の修正まで、衣類のトラブルでお困りの際はお気軽にお問い合わせください。
またキズ穴・虫穴やファスナーのトラブルなど衣類の修理も行なっております。
◯この事例の職人のお店はこちら
◯この事例の問合せ電話はこちら

The following two tabs change content below.
西川 浩次郎
お客様の「また着たい」「きれいにしたい」を叶えるために、日々精進しています。 1965年創業。群馬県太田市、大泉町、埼玉県熊谷市で直営6店舗で営業中。 京技術修染会認定修復師が在籍しておりますので、食べこぼしのシミ・汚れから変色・脱色の修正まで、衣類のトラブルでお困りの際はお気軽にお問い合わせください。 またキズ穴・虫穴やファスナーのトラブルなど衣類の修理も行なっております。 ◯この事例の職人のお店はこちら ◯この事例の問合せ電話はこちら