衣類のしみ抜きさくら会のホームページをご覧いただきありがとうございます。本日の投稿担当、埼玉県小川町の有限会社ラブリーチェーン・讃岐です。

本日のしみ抜きは乾電池の液もれかも?というお品物。

サビのようなシミがガッツリ(そしてめちゃピンぼけ)。

結局サビ落としでキレイになりました。液もれというより液もれで腐食した乾電池の外身のサビだったようです。

ちょっと調べたのですが、現在最も使われている【アルカリ乾電池】の電解液は「水酸化カリウム」で、強アルカリ性のため皮膚を溶かすほどの危険な液体です。誤って目に入ると失明する恐れもあります。処理をする際は手袋をつけるなどしてくださいね。

シミでお困りの際は衣類のしみ抜きさくら会加盟店までご相談ください。

この記事を書いた人

讃岐 賢一
讃岐 賢一
ラブリーチェーンは、武蔵野の小京都・埼玉県小川町に本社工場を持つクリーニング専門店です。県内の川越比企地域・北部地域・秩父地域にチェーン展開しております。
確かなシミ抜きの技術と豊富な加工メニューでお客様のご要望にお応えいたします。
◯この事例の職人のお店はこちら
◯この事例の問合せ電話はこちら

The following two tabs change content below.
讃岐 賢一
ラブリーチェーンは、武蔵野の小京都・埼玉県小川町に本社工場を持つクリーニング専門店です。県内の川越比企地域・北部地域・秩父地域にチェーン展開しております。 確かなシミ抜きの技術と豊富な加工メニューでお客様のご要望にお応えいたします。 ◯この事例の職人のお店はこちら ◯この事例の問合せ電話はこちら