衣類のしみ抜きさくら会のホームページへようこそ!本日の事例投稿担当は、埼玉県小川町のラブリーチェーン讃岐です。

家庭洗濯で色流れを起こしたオープンシャツです。

お客様曰く、『他の洗濯物からの移染』と仰られていましたが、赤い旗の縁が滲んでいてまさにこの商品が移染元ですね。

洗濯表示を見るとレーヨン100%…。濃色のレーヨンは移染が多いんですよ。スカート部が黒の白黒ワンピースなどは要注意で、ドライクリーニング指定なのにドライクリーニングをするとたちまち洗濯液が青黒く染まってしまうなんてことも。正直、厄介者です。

特殊漬け込み処理を行い、きれいに落とせました。

洗濯表示で水洗いが✕になっている場合、このように移染を起こしやすいという理由による場合もあるので、家庭でチャレンジする場合は単独洗いにするなど十分気をつけてお試し下さい。

色が出ちゃったら衣類のしみ抜きさくら会加盟店にご相談下さい。

この記事を書いた人

讃岐 賢一
讃岐 賢一
ラブリーチェーンは、武蔵野の小京都・埼玉県小川町に本社工場を持つクリーニング専門店です。県内の川越比企地域・北部地域・秩父地域にチェーン展開しております。
確かなシミ抜きの技術と豊富な加工メニューでお客様のご要望にお応えいたします。
◯この事例の職人のお店はこちら
◯この事例の問合せ電話はこちら

The following two tabs change content below.
讃岐 賢一
ラブリーチェーンは、武蔵野の小京都・埼玉県小川町に本社工場を持つクリーニング専門店です。県内の川越比企地域・北部地域・秩父地域にチェーン展開しております。 確かなシミ抜きの技術と豊富な加工メニューでお客様のご要望にお応えいたします。 ◯この事例の職人のお店はこちら ◯この事例の問合せ電話はこちら