本日は群馬県太田市 クリーニングの太田ドライ 西川が担当します。

今回はセーターに付いてしまったユリの花粉のシミです。

少しわかりにくですが(;^_^  黄色くなっているのがわかりますか?

  ← BEFORE

 ← AFTER

ゆりの花は清楚で上品な感じがあり綺麗ですね。

でも、花粉には要注意。ユリの花粉は粘着性があり、洋服などに付きやすいです。

もし付いてしまったら・・・水で洗ったり、濡れたタオルなどで拭き取ることは厳禁!

ユリの花粉は染料のようなもの。水に濡れるととても落ちにくくなります。

ご家庭で落とすことは難しいと思いますので、うっかりユリの花粉がついてしまった時は、何もしないでお早めに当店、または衣類のしみ抜き さくら会のお店までご相談ください。

 

この記事を書いた人

西川 浩次郎
西川 浩次郎
お客様の「また着たい」「きれいにしたい」を叶えるために、日々精進しています。
1965年創業。群馬県太田市、大泉町、埼玉県熊谷市で直営6店舗で営業中。
京技術修染会認定修復師が在籍しておりますので、食べこぼしのシミ・汚れから変色・脱色の修正まで、衣類のトラブルでお困りの際はお気軽にお問い合わせください。
またキズ穴・虫穴やファスナーのトラブルなど衣類の修理も行なっております。
◯この事例の職人のお店はこちら
◯この事例の問合せ電話はこちら

The following two tabs change content below.
西川 浩次郎
お客様の「また着たい」「きれいにしたい」を叶えるために、日々精進しています。 1965年創業。群馬県太田市、大泉町、埼玉県熊谷市で直営6店舗で営業中。 京技術修染会認定修復師が在籍しておりますので、食べこぼしのシミ・汚れから変色・脱色の修正まで、衣類のトラブルでお困りの際はお気軽にお問い合わせください。 またキズ穴・虫穴やファスナーのトラブルなど衣類の修理も行なっております。 ◯この事例の職人のお店はこちら ◯この事例の問合せ電話はこちら