衣類のしみ抜きさくら会のホームページへようこそ!本日のしみ抜き事例投稿者、埼玉県小川町のラブリーチェーン・讃岐です。

今回は子供さんのワイシャツの衿についた黄褐色のシミ。

パッと見では油性処理かサビ落としでいけちゃうかなーと思ったのですが…意外に厄介。固形の膜?樹脂?のようなものが表面をうっすら覆っているようで、油性処理でも水性処理でも動きません。

ここから先の引き出しの多さがしみ抜きを売りにできるクリーニング店の底力。

特殊薬品で膜?を柔らかくすることで無事落とせました。

シミでお困りの際は衣類のしみ抜きさくら会加盟店までご相談くださいね。

この記事を書いた人

讃岐 賢一
讃岐 賢一
ラブリーチェーンは、武蔵野の小京都・埼玉県小川町に本社工場を持つクリーニング専門店です。県内の川越比企地域・北部地域・秩父地域にチェーン展開しております。
確かなシミ抜きの技術と豊富な加工メニューでお客様のご要望にお応えいたします。
◯この事例の職人のお店はこちら
◯この事例の問合せ電話はこちら

The following two tabs change content below.
讃岐 賢一
ラブリーチェーンは、武蔵野の小京都・埼玉県小川町に本社工場を持つクリーニング専門店です。県内の川越比企地域・北部地域・秩父地域にチェーン展開しております。 確かなシミ抜きの技術と豊富な加工メニューでお客様のご要望にお応えいたします。 ◯この事例の職人のお店はこちら ◯この事例の問合せ電話はこちら