衣類のしみ抜きさくら会のホームページへようこそ!本日の投稿担当は埼玉県小川町のラブリーチェーン・讃岐です。

さて本日のシミは、ポケット内袋でボールペンのインクがパンクしてしまったもの。

コレは半端にイジったりそのまま洗ったりすると周囲にインクが滲む厄介者。

うすーく灰色が残りましたが、光の反射具合によってはほとんど気にならないレベルまで薄くできました。

インクのパンクはいじらずに信頼の置けるクリーニング店へお持込ください。

この記事を書いた人

讃岐 賢一
讃岐 賢一
ラブリーチェーンは、武蔵野の小京都・埼玉県小川町に本社工場を持つクリーニング専門店です。県内の川越比企地域・北部地域・秩父地域にチェーン展開しております。
確かなシミ抜きの技術と豊富な加工メニューでお客様のご要望にお応えいたします。
◯この事例の職人のお店はこちら
◯この事例の問合せ電話はこちら

The following two tabs change content below.
ラブリーチェーンは、武蔵野の小京都・埼玉県小川町に本社工場を持つクリーニング専門店です。県内の川越比企地域・北部地域・秩父地域にチェーン展開しております。 確かなシミ抜きの技術と豊富な加工メニューでお客様のご要望にお応えいたします。 ◯この事例の職人のお店はこちら ◯この事例の問合せ電話はこちら

最新記事 by 讃岐 賢一 (全て見る)