衣類のしみ抜きさくら会のホームページへようこそ!本日のしみ抜き事例投稿は、埼玉県小川町のクリーニングラブリーチェーン・讃岐が担当します。

本日のしみ抜きはチノパンに付着した血液。かなり色が茶色になっています。

茶色いシミは酸化が進んで安定した(=落としづらい)状態になっていることが多いです。金属の『サビ』やみかんの汁を使った『あぶり出し』も同じ原理で、酸化することでより安定した『酸化物』に変わり、茶色い発色をします。

シミがある衣類を乾燥機にかけたり、長期間放置したりすると、その分シミは落としづらくなりますから、早めの処置をお勧めします。

生地の奥まで浸透して固まった血液がなかなか頑固でしたが、無事きれいに落とせました。

シミのことでお困りでしたら『衣類のしみ抜きさくら会』加盟店までお早めにご相談ください。

この記事を書いた人

讃岐 賢一
讃岐 賢一
ラブリーチェーンは、武蔵野の小京都・埼玉県小川町に本社工場を持つクリーニング専門店です。県内の川越比企地域・北部地域・秩父地域にチェーン展開しております。
確かなシミ抜きの技術と豊富な加工メニューでお客様のご要望にお応えいたします。
◯この事例の職人のお店はこちら
◯この事例の問合せ電話はこちら

The following two tabs change content below.
讃岐 賢一
ラブリーチェーンは、武蔵野の小京都・埼玉県小川町に本社工場を持つクリーニング専門店です。県内の川越比企地域・北部地域・秩父地域にチェーン展開しております。 確かなシミ抜きの技術と豊富な加工メニューでお客様のご要望にお応えいたします。 ◯この事例の職人のお店はこちら ◯この事例の問合せ電話はこちら