衣類のしみ抜きさくら会のホームページをご覧頂きありがとうございます。本日の投稿担当、埼玉県小川町のラブリーチェーン・讃岐です。

今回のシミは、ワイシャツの裾についた多数の黒いシミ。

因みに写真上側が裾になります。

横方向に細長く付着している状況・付着している位置から推察すると、これはベルトのスレですかね?特に合成皮革のベルトが古くなって加水分解を起こすと、このように分解生成物が付着します。

薬品を塗って、付着物を軟化させたあと、一気にガンで濯ぎます。

比較的簡単に落ちました。ベルトの加水分解が進んでいる方が、分解生成物の分子量が小さくなり、油や水で洗い流しやすくなるため、このお客様のベルトは相当劣化していたのでしょう。

シミでお困りの際は衣類のしみ抜きさくら会加盟店までご相談ください。

この記事を書いた人

讃岐 賢一
讃岐 賢一
ラブリーチェーンは、武蔵野の小京都・埼玉県小川町に本社工場を持つクリーニング専門店です。県内の川越比企地域・北部地域・秩父地域にチェーン展開しております。
確かなシミ抜きの技術と豊富な加工メニューでお客様のご要望にお応えいたします。
◯この事例の職人のお店はこちら
◯この事例の問合せ電話はこちら

The following two tabs change content below.
ラブリーチェーンは、武蔵野の小京都・埼玉県小川町に本社工場を持つクリーニング専門店です。県内の川越比企地域・北部地域・秩父地域にチェーン展開しております。 確かなシミ抜きの技術と豊富な加工メニューでお客様のご要望にお応えいたします。 ◯この事例の職人のお店はこちら ◯この事例の問合せ電話はこちら

最新記事 by 讃岐 賢一 (全て見る)